ナチュラルリリースの徒然帖

山陰・鳥取・境港の情報を発信している釣り人です。最近は日々の徒然記がメインになっています。

【第12投目】なぜフロロ最強説が誕生したのか?【ナイロンとフロロの違い】

f:id:y-nax:20190423094304j:plain

こんばんは。管理人(@y_nax_tw)です。

釣りにまつわるエトセトラ第9投目、第10投目および第11投目で、ナイロンとフロロの違いについて、強度の違いを中心に検討してみました。

ここまでの話では、フロロの強度について、引張強力はナイロンに劣りますし(一般論)、根ズレ耐性もそれほどフロロの優位性は見られませんでした。

(まあ、サンプル数が劇的に少ないので、一般化するべきではありませんが)

それにもかかわらず、釣り業界では「リーダーはフロロ」、「根ズレに強いのはフロロ」「ナイロンは初心者用」的な感じで、フロロ最強説が通説になっています。

そこで、第12投目では、なぜフロロ最強説が通説になったかを考えます。

 

①メディアの影響

正直、これが一番大きいと思います(というより、95%くらいはこの理由だと思います)。

様々なアングラーがメディアでさんざっぱら「フロロは根ズレに強い」とか「根が荒い場所ではフロロを使う」とか、口に出すまでもなくリーダーとして当然のようにフロロを使っているとか…。

こういう状況を目の当たりにしていれば、嫌でも「根ズレにはフロロ最強」みたいな印象になってきます。

根ズレ耐性の差なんて微々たるものだと思いますが、その微々たる差が、0:100(ナイロン:フロロ)くらいの印象になってきます。とにかく「根ズレにはフロロ」だと。

 

しかし、(サンプルの少ない)実験結果だけみると、ナイロンとフロロの根ズレ耐性なんてほとんど差がありませんし、擦れる角度によってはナイロンもけっこう切れません。

さらにいえば、GTRウルトラと耐摩耗ショックリーダーは、(フロロを含む)他のラインと比べものにならないくらい根ズレに強いですよ。

悲しいかな、サンヨーナイロンも山豊テグスもメーカーとしての知名度が低いのかどうかわかりませんが、どれだけナイロンの良さを宣伝しても見向きもされないのが現状です。

ヤマトヨテグスの広告は某ソルト系SNSのfimoで見たことがあったので知っていましたが、サンヨーナイロンの広告はほとんど見ることないですし、GTRウルトラなんてバス用のメインラインなのでソルトアングラーにとってはそもそも眼中にないのでしょう。

私も、ネットサーフィンをしてGTRウルトラを見つけるまでは、サンヨーナイロンのラインはエリアトラウト用しか使ったことなかったです。

 

しかし、ここで管理人としては声を大にして言いたい。

 

GTRウルトラと耐摩耗ショックリーダーは根ズレに対しては最強だよと。

 

 

②触ったときの印象

これもフロロ最強説をけっこう力強く後押ししている理由だと思います。

第9投目でも書きましたが、同じ引張強力であれば基本的にナイロンよりフロロの方が太いです。

フロロの方が太くハリがあります。

なので、同じ引張強力のフニャフニャのナイロンと触り比べると、フロロの方が「強そう」に感じます。

しかし、「強そう」に感じるだけであって、現実に強いかどうかは別のハナシです。

 

 

③擦れたときのラインの削れ方

これは、実際に根ズレテストをして実感したのですが、ナイロンとフロロのラインの削れ方ってかなり違うんです。

f:id:y-nax:20190423094655j:plain

左:ナイロン 右:フロロ 真ん中:最強

上の写真は、左が一般的なナイロン(バーマックス磯ストロング)。

右がフロロ(グランドマックスショックリーダー)。

どちらが強そうなラインに「見える」かは一目瞭然です。

おそらく、100人に聞くと85人くらいは「右が強い」と答えると思います。

ナイロンは、擦れたときにラインの表面がザラザラ、ブツブツ、ギチギチになってきます。まるで死闘の果てのように…

とにかく、ナイロンの傷は見ていて痛々しいです。

これ対してフロロは、ライン表面がササクレのように繊維だけがめくれてきます

しかし、フロロはライン表面の傷こそ浅そうに見えますが、擦れが一定数に達すると切れますよ、普通に。

ちなみに、真ん中のラインは耐摩耗ショックリーダーですが、これは見た目にも傷ついてる感があまりありません。まさに圧倒的

 

 

まとめ

管理人の実験(何度も言いますが、サンプルは少ない)によれば、ナイロンに対するフロロの優位性はそれほど見られませんでしたが、釣り業界では「フロロ最強説」が通説です。

管理人としては、メディアの影響がほとんどだと思いますが、「②触った時の印象」や、「③ラインの削れ方」というのも少なからず影響しているように感じられます。

 

まぁ、鋭利なものに対してはナイロンであろうとフロロであろうと簡単に切れますし、根ズレ耐性はどちらも大して変わりません。

なので、どちらを使っても構わないと思いますが、フロロはナイロンより若干高価ですし、太くなってくるとゴワゴワして扱いづらくなってくるので、どうしてもラインの伸び率をフロロ以下に抑えたいとか、フロロの高比重な部分(水馴染み)を利用した釣りをしたいというのでなければ、管理人としては(特に入門者等は)ナイロンで良いかなと感じました。 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。