ナチュラルリリースの徒然帖

山陰・鳥取・境港の情報を発信している釣り人です。最近は日々の徒然記がメインになっています。

【第4回】2019中海シーバス調査隊【NR調査隊】

こんばんは。管理人(@y_nax_tw)です。

GWも間近に迫った今日この頃、いかがお過ごしですか。

4月19日(金)、比較的暖かく風もなかったので、NR調査隊は第四回目のシーバス調査へ行ってきました(2019年4月19日)。

 

大海崎超有名ポイント周辺

ここは去年から開拓を進めているポイントで、ビッグサイズはまだ見かけていませんが、コンスタントにシーバスに出会えるポイントです。

管理人が試したルアーで一番ルアースピードの幅を広く使えるのがレスポンダー。

レスポンダーなら、早めに巻いてもボトムノックせず、海草を拾いづらいです。

1投目…

2投目…

3投目…

4投目…

5投目…

今日は無反応です。

水面の様子は、たまに波紋も見えたりして前回よりもベイトが居そうなのですが…

 

そこで今度は、買ったばかりのシャロ―アサシン(フラッシュブースト)に変更。

3投目くらいだったでしょうか。

 

フラッシュブースト発動!!!

 

 

f:id:y-nax:20190425123528j:plain

 

水面を滑るサイズでしたが、シャロ―アサシン初フィッシュ。 

 

素直な魚は大好きです。

 

とりあえず、魚の顔は見られたのと、シャロ―アサシンで釣れたので、このポイントはここまでにして移動しました。

大海崎超有名ポイント

帰りの道中に立ち寄ったのは、大海崎の超有名ポイント。

ここでは、基本は回遊待ちの釣りになりますが、コノシロやサヨリが溜まっている時には祭りのようになります。

 

しかし、この日は回遊待ちの日でした。

 

先行者が帰って行く中、帰路につくアングラーに挨拶をして状況を聞くと、潮は流れているけど、それほど魚っ気はないとのことでした。

私もかなりキャストをしてみましたが、20cm台のシーバスが一匹釣れたのみ。

隣の方にいた子たちの一人が60~70cmくらいのシーバスを釣りましたが、回遊待ちなのでこの一本のみ。

このポイントは、良くも悪くも運次第ですね。

多少のルアー選択は必要でしょうが、基本的には投げて巻く。それだけです。

 

 

調査結果

大海崎超有名ポイント周辺

ここでは、ブレイクラインやシーバスの待機スポット、回遊ルートを探すのが目的です。

季節の魚の動き(回遊コースや溜まり場)が分かってくると、もっと効率良く魚を獲れるようになってくるかもしれません。

今のところ、コンスタントに魚には出会えてます。

ベイトの量が増えてくれば、大きいシーバスが入ってくるかもしれません。

ちなみに、ここから400mくらい離れた場所では、(この場所の左側、右側両方とも)ランカーシーバスをそこそこ釣っています。

なので、このポイントはその間に位置しているので、多分回遊ルートにはなっていると思います。

 

大海崎超有名ポイント

ここは回遊待ちの投げて投げて投げて巻く釣りになります。バイブレーションも使えます。

ベイトが入ってくればお祭り状態になるのですが、基本的には回遊待ちのポイントです。

ただし、ここは中海の中でも対岸との幅が極端に狭くなっているポイントですので、回遊待ちでも可能性は低くないポイントだと思います。

浮き上がりやすいバイブレーション(ローリングベイト等)で底から中層をひたすら巻いてくるのが良いかなと思います。

ちなみに、管理人が良く使うのはサイレントアサシン99です。

 

 

おしまい

最後までお読みいただきありがとうございます。