ナチュラルリリースの徒然帖

山陰・鳥取・境港の情報を発信している釣り人です。最近は日々の徒然記がメインになっています。

お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ

 

f:id:y-nax:20190516002402j:plain

「お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ」(フリードリッヒ・ニーチェ)

 

ニッチェではありません。

ニーチェの言葉です。

 

なるほどなるほど。

ざっくり言うと、「相手を倒すほどの強大な力(権力)を手に入れたとき、あなた自らが倒されるような権力者にならないようにしなければならない」ということです。

 

ようするに、「ゾーマを倒すほど強大な力を手に入れたアリアハンの勇者たちが、その強大な力をもって世界を支配することのないように気をつけなければならない。」という感じでしょうか。

わかりにくいですね。

 

とにかく、なんか言い回しがスゴくカッコいいんです。いちいちカッコいい。

この話を職場の上司としていたら、上司が言いました。

 

「ミイラ取りがミイラになる」って感じかな?

 

 

ま、まぁそんな感じだと思うんですけど(´д`;)

言い方が変わると同じような意味でも全く違って聞こえますね。