ナチュラルリリースの徒然帖

山陰・鳥取・境港の情報を発信している釣り人です。最近は日々の徒然記がメインになっています。

まとめサイトの発想は古代ギリシャ時代からあった!?

f:id:y-nax:20190611214808j:image

ソクラテス曰く

「本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。」

 

古代ギリシャの哲学の師・ソクラテス。

彼が言うには、本ほど簡単に他人が苦労して得た知識を習得できるものはないらしい。

だから、本を読めと。

 

現代社会において私たちが新しいことに挑戦し、知らないことを知り、曖昧なことをより正確にしようと思った時にどうするか?

かなり大多数の人が「ネットで調べる」と答えると思います。

ネットほど先人達の知恵が記録されているメディアは他にありません。先人達が知識や経験を惜しげもなく提供してくれています。

それどころか、現在は、先人達の知恵をまとめた「まとめサイト」も多数存在し、より先人達の知恵や経験にアクセスしやすくなりました。

もちろん、その情報は玉石混淆で、筆者の主観がかなり反映されたものもあれば、物事を多角的に分析した情報もあります。

いずれにしても、他人が苦労して得た知識を容易に習得するために、現代においてはネットを利用します。

 

ネットがない時代は、ソクラテスが言うように「本」だったようです。

 

それにしても、大賢者ソクラテスといえども、情報に容易にアクセスする手段を考えていたのかと思うと、時代は変われど人の考え方ってあまり変わらないものですね。