ナチュラルリリースの徒然帖

山陰・鳥取・境港の情報を発信している釣り人です。最近は日々の徒然記がメインになっています。

【鳥取と島根】永遠のライバル!?どっちがどっち!?

f:id:y-nax:20190228152957p:plain

鳥取と島根どっちがどっち?(CraftMAPより)

CraftMAP -日本・世界の白地図-

 

 

こんばんは。管理人(@y_nax_tw)です。

 

山陰で暮らしているとあまり意識しないのですが、東京で暮らしているときによく言われたのが、

 

「鳥取って砂丘があるところでしょ?」とか、

「鳥取と島根どっちがどっちかわからない」とか、 

「取鳥県だと思ってた」とか…。

 

境港人としては、いろいろツッコミどころはあるのですが…

 

「鳥取って砂丘があるところでしょ?」←そうだけど、遠すぎて行ったことないよ。

「鳥取と島根どっちがどっちかわからない」←小学生からやり直せ!!!

「取鳥県かと思ってた」←そんな漢字の組み合わせ見たことないでしょ…

 

何かと比べられる鳥取と島根ですが、今日はそんな永遠のライバルである鳥取と島根について考えます。

 

 

 

 

人口数

鳥取=約56万人(2018/10/01)(47/47位)

島根=約68万人(2018/10/01)(46/47位)

 

やや島根県が優勢か!?

 

 

 

面積

鳥取=3507㎢

島根=6708㎢

 

倍半分くらい違うなぁ。

まぁ、東京だって小さいし、広けりゃイイってもんでもないべ。

 

 

人口密度

鳥取=160人/㎢

島根=101人/㎢

(参考記録)東京=6310人/㎢

 

あぁ~、島根はガラガラで住みやすそうだなぁ。

 

 

 

歴史

管理人によるWikipedia調べでは、島根の歴史については、原始・古代~中世~近世~近現代まで、人名を用いながら詳細に記載されています。

他方で、鳥取の歴史についてはといえば…古代から、一気に江戸時代までタイムスリップ!しかも、古代については「県内からは人が生活した遺跡はまだ発見されていない。」そうです。(Wikipediaより)

 

これは…島根の完勝でしょ!

 

ちなみに、島根の歴史については、8世紀頃に編纂された「出雲風土記」がほぼ完全な内容で残されているとおり、神話やロマンに溢れた国で、神話大国です。

 

 

 

観光地の比較

鳥取=鳥取砂丘・三徳山投入堂・水木しげるロード

島根=出雲大社・松江城・石見銀山(世界遺産)・島根海洋館アクアス

 

うーん、鳥取砂丘が健闘するも、出雲大社には勝てないかなぁ(もともと比べるようなものでもないけど。)

 

 

 

所在場所

島根西側(北半球の地図の左側) 鳥取東側(同地図の右側)

 

(よく、地図で右側、左側と聞かれますが、いまいちピンとこないので、東西南北で聞いて下さい。)

 

f:id:y-nax:20190301131117p:plain

鳥取と島根の位置図(CraftMAPより)

 

 

 

ちょっとローカルな比較

ここまでは一般的な比較ですが、ここからは、浜っ子(境港市民)から見たちょっとローカルな比較。

 

ユニクロの店舗数は?(2019/3/1現在)

鳥取3店舗

島根3店舗

 

引き分け!

余談ですが、鳥取県は、人口の少なさや店舗数の少なさに反して、ユニクロの都道府県別の売上高が全国3位だそうです。

 

 

スタバの店舗数は?(2019/3/1現在)

日本の都道府県の中で、最後までシアトルからの黒船の襲来に抗い、「スタバ空白県」で一躍話題になった鳥取県ですが、現在ではその抵抗も虚しく、スターバックスの数も着実に増えてきています。その店舗数は…

鳥取4店舗

島根4店舗

 

これも見事に引き分け!

 

 

リビドーの本店は?

ここからは、かなりローカル。

鳥取と島根にあるリビドー洋菓子店。
たぶん、お互いの県民が、「本店は鳥取県(又は島根県)でしょ!?」って思ってる。

実は、リビドー洋菓子店には4店舗あり(境港店は閉店)、鳥取店、出雲店、松江店、そして米子本店の4つになります。

鳥取県米子市に本店があります!

 

 

森のくまさんの本店は?

米子市、松江市、出雲市に店舗を構える「石窯パン工房 森のくまさん」というパン屋さん。
まず米子にオープンし、しばらく経ってから、松江→出雲の順にオープンしていきました。
管理人は、当然「米子のお店でしょ?」と思っていましたが、調べてみると、松江市に本店所在地のある有限会社トラストAという会社が、複数ある事業の一つとしてパン屋事業をやっているようです。それが、森のくまさんです。

まぁ、これは運営会社の本店所在地の問題になってしまうので、勝負不成立って感じかな??

 

 

イマイブックス(今井書店)の本店は?

山陰最大の書店グループ「今井書店グループ」(イマイブックス)。

これも、お互いの県民が、「本店は鳥取県(又は島根県)でしょ!?」って思ってる。

 

これについては、「今井郁文堂」(鳥取県米子市)が元祖であり、イマイブックスの発祥は鳥取でした!

 

 

 

浜っ子(境港市民)から見た鳥取と島根

なんだか不毛な争いになってきたので、ここからは、浜っ子から見た鳥取と島根についての感想です。

 

境港市の位置

鳥取県の中でも、境港市は一番西北に位置し、海の向こう側は島根県松江市なのです。

f:id:y-nax:20190301132025p:plain

境港市の位置図(CraftMAPより)

 

 

出雲大社は観光地として別格

境港には水木しげるロードというちょっとした観光地がありますし、鳥取には、なんといっても鳥取砂丘があります。

しかし、そんな境港市民から見ても、観光地としての出雲大社は別格な存在です。

近年のインスタ映え等SNSの影響により、鳥取砂丘は観光客が増加しているようですが、そもそも出雲大社は、インスタ映え等とは無関係にリピーターの観光客が少なくありません。

かく言う管理人も、ほぼ毎年一回は出雲大社を訪れます。

 

 

浜っ子は鳥取vs島根にあまり関心がない?

管理人の生まれ育った鳥取県境港市は、鳥取県の一番西端に位置し、車で10分も走れば島根県松江市です。
島根県から買い物に来る人もたくさんおられますし、島根県出身者もかなり多く生活しています。境港市の職場で、松江市民が同じ職場にいるというのは当たり前にあることです。

 

(ちなみに管理人の母親も島根県出身です)


したがって、浜っ子から見たら、車で2時間以上かかる鳥取市よりも、400mほど海を隔てた向こう側にある島根県松江市の方が、比べものにならないくらい身近な存在です。

 

(なお、このブログのヘッダに使用している橋は、境港市と松江市をつなぐ「境水道大橋」で、左に描かれている黒い塊は島根半島の山々です。)

 

 

鳥取は鳥取。島根は島根。

管理人の率直な感想としては、(綺麗事のようですが)結局ところ、「鳥取は鳥取。島根は島根。鳥取>島根でも、鳥取<島根でもないよ。」と考えております。

ネタとしては面白いのでよく比較されます。でも、「国立大学と私立大学とどちらが難しい?」と比べるようなもので、比べてもあまり意味がないというのが管理人の感想です。

 

初めの方でも書いたとおり、島根については8世紀頃からの情報が残されているロマン溢れる神話大国です。また、島根県松江市には国宝松江城も現存しており、歴史情緒溢れる街です。

 

これに対して、鳥取は、境港をはじめとする水産県であり、クロマグロ・松葉ガニ・ベニズワイガニ・境港サーモン・ノドグロ・ハタハタその他数多くの海産物溢れる街です。

 

このように性格のまるで異なる二つの県を、人口が少ない県同士、隣県同士、新幹線が開通していない県同士として比べても、(数字の比較としてはけっこう面白いですが)ほぼ意味のないことかな?というのが管理人の考えです。

 

 

 

(しかし、そうは言っても、このライバル関係はけっこう面白いので、今後も積極的に取り上げていこうと思います。)

 

 

なお、意識調査によれば、島根県民の67%が鳥取県をライバル視しているそうです。